2007/07/05

小ワザが効いた国ニッポン

今日はあれです。
貴方が殿方ならになった気分でお読みください。

毎月のお約束メンスマン(by棚からカネモチ)到来中な訳ですが、
私は思いつきから、小僧が使わなくなった布おむつを切って
ソレを使っておるわけです。
世間一般で言う、布ナプキンいうやつですね。
ちょっこり検索でもかければ、大量のサイトと商品にお目にかかれる事でしょう。
環境のためにとか、身体に優しくとか、
そういう言葉と絡ませてる所が多いわけですが、
私はエコとかロハスとか一切関係なく、全く興味本位でやってみたわけです。
そしたら、あなた、これ結構快適。
予想外にマイブームで続いているわけです。
しかし、それでもやっぱりちょっと心配とか、
大漁出血日(誤変換)の夜などは市販の使い捨てを併用するわけです。
今月もそれを予測して、下のスーパーから適当に買ってきたのですよ。
で、それをさあつかおうかとトイレで開封しましたら、

昭和のおかんの強烈パウダー臭!

思わずのけぞったわけです。
パッケージをよくよく見たら、お花のマークでフローラルと…。
それにしても強すぎる。強烈すぎる。
これ、直にデリケィトゾォンにあてたら、絶対かぶれる。

…あ、でも布と併用だから別にいいか…。

今まで幸運にも香りが付いていないブツを買っていたので
(いつもよく見ないで買う)
初匂い付きナプキンにクラクラしちまったわけでした。
ちなみに、モザンビークは生理用品や紙おむつ製品は一通りありますよ。
(こんなサイトなのに国情報でヒットして見てる方もいるからね)

使い捨てナプキンと言えば、日本に帰った時にドラッグストアで
生理用品の種類の多さに圧倒された。
何か違いはあるのかと、全部見ようと試みたけど無理だったね。
羽根つきロングとか、超薄とか、真ん中クッションとか
ポイントガードとか、ウルトラロングとか、ポイント交換とか
夜用ショーツタイプなんておむつパンツだった。
日本はすごいね。すごいけど、ホントに必要かそれはと…。ちょっと…。
ここを姫になったつもりで読んでおられる殿方は
今度は姫に変装してドラッグストアで生理用品散策するといいよ。
おすすめだよ。

この前、またNHKを見ていたら
梅雨時の新商品として、傘袋が紹介されていた。
濡れた傘を入れられる、使い捨てではない袋。
傘を持って店に入ったり電車に乗ったりする時に
雨水で床や服が濡れなくて済むそうな。なるほど。
再先端商品は、傘袋の内側に吸水性が高くかつ乾燥しやすい素材、
外は防水型で内側に水をシャットアウト。
ずぶ濡れの傘を入れると1時間ほどで傘の水滴を吸い取って
乾いた傘になると言う商品。どうだ。ジャパンパワーだ。

旦那と、
「南米とかアフリカから見たら、日本の商品開発レベルって
 隙間でかつ高レベルすぎて使えないよね
と言って笑った途上国一家であります。
  
 

2 件のコメント:

ふゆ さんのコメント...

メンスマンのあのマッチョ体が瞬時に浮かびました。
彼、体系的には好みです。
キャラは・・・(自粛)。
「棚からカネモチ」紹介されてた瞬間から読みました。
全部読んじゃったよ~。
ところで夜用ショーツタイプなんてあるんですか!びっくり。
私は毎月来ないのよ。そろそろあがっちゃううんじゃないかと実は毎回心の中で怯えてます。

gatita/tairita/たいり さんのコメント...

ふゆねーさん
毎月来なくなるのって前は憧れだったのですが、更年期障害の事を知ってからは、あがっちまうのもアレだなぁと思う次第です。メンスマン様々っすね。