2007/01/01

そして2007ドスミルシエテ


どかーん


どかーん


あけましておめでとうございます。
あけおめとか、めりくりとか、短くすんな。
三十路女の叫びです。

大晦日の深夜、元旦の0時00分、恒例の花火があがりました。
サンチアゴでもなかなかすごかったけど、マプトもすごかった。
爆撃かと思った。
市内でもあっちこっちで10分くらいドカンドカンでっかいのが上がって、
家々からは、ロケット花火とか、小ぶりな打ち上げ花火とか。
これは除夜の鐘より数段面白い!
音楽や嬌声もあちこちから聞こえるし、これこそお祝いムード。

上の写真、花火の近くに見えるライトアップされてる凸っぽい形。
あれ、カルドッソっていう老舗ホテルなんですけど、
あそこに泊まってると、まさに迫撃砲並みだと思います。
どうしよう。来年は泊まってみようかな。

一夜明けた今日は、街ごと二日酔いのようで、ひっそり静まり返っております。
うちは二日酔いではないけど、まさに文字通りの寝正月。

でもね、正直なところ、お正月とか、クリスマスとか、
自分の誕生日とか、ちょっと何か期待しちゃうんですよ。
だめ?だめですかね?
けどなんか、結局たいした事無いとか、何も無いとか、そういうのばっかり。
でも、事前にパーティーとかしようかっていうと、
それもちょっとアレで。
いやん。
真性の天の邪鬼かもしれん。


今年の目標はどうしよう。
いくつか思い浮かんだんだけど、
*漢字の書き取りをする。
*寝る前に洗顔をちゃんとして、化粧水もつける。
*小汚い素足を綺麗にすべく、靴下着用&夜はニベア

婦女子として若干問題もあるような目標ですが、
ええぃ、みんなこんなもんだよね?だよね?

では今年も365日ぬるめに生きていこうと思います。

 
2007年元旦
 

2 件のコメント:

ラウタ郎 さんのコメント...

おぉ、なんか見晴らしいいですねぇ。
花火爆撃を遠くから眺めて、パッと光った後しばらくしてからドーンとかボボボーンとか腹に響く重い音が好きです。
昔、花火シーズンはテキ屋バイトをしてたんで、どうも音だけでも楽しめるようになりました。
つーか、サンチアゴあちー。

gatita さんのコメント...

ラウタ朗さん、どーもー。うちは13階なんですが、割と見晴らしいいかもしれんです。最上階の24階はむしろ高すぎて恐いかも。
花火、音は遠くから楽しむ分には好きですが、近くでバンバンやられるのは苦手。自分で楽しむなら、やっぱりあの、火をつけたら煙とともにウニョウニョ黒い灰が虫のように伸びる、アレがいいです。アレ。何でしたっけねぇ、あの名前。私は勝手にうんこ玉って呼んでましたけどね。
こちらは雨正月で気温も25度前後。かなり涼しいっす。