2007/09/29

むくむく



帰省中、旦那の働くオフィスに預けていたパイナポー。
予想通りに大きくなっていました。
7月から始めたとは思えない大きさ、今後は…。

葉っぱの方がガンガン大きくなってるので、
瓶の大きさが頼りないなぁと思いながら、窓際(外)で日光浴させていたら
数分後、なんとパイナポーが消えていました。

あ”っ


と思って窓の外を見てみたら、見事に室外機と壁の間に挟まってました。
風の強い日は注意だな。

ちなみに、小さくて白い虫が蠢いていたので、一度丸洗いしました。
そうしたら虫は見事にいなくなったんで、便利だなぁと思った次第であります。
 
 

4 件のコメント:

さんのコメント...

 こんばんわー。
 すごく大きくなりましたね。虫がついたら丸洗いできるとは、なんて頼もしい(笑)。
 土に植え替えたら、もっと大きくなって、そのうち実がなったりしないでしょうか?

gatita/tairita/たいり さんのコメント...

る さん          
こんばんは! 丸洗い出来るのは、ホント便利だなぁって思いましたよ。鉢植えにするとこうはいきませんもんねぇ。 水栽培でも、液肥をちゃんとあげると、こじんまりした実がつくらしいですよ。3年くらいで…。長いですよね。
でも、土に植えても、実の収穫には2年かかるらしいんで、そういうもんなのでしょう。
実はあきらめて、観葉とします。

azul さんのコメント...

hola! ながい旅、お疲れ様でした。日本に帰国後の感想など興味深かったです、町中でなるほどってあたりを見回してみました。
ピーニャはこんなに育ったんですね!うちは遂に、二つ目を育てています(^^)最初のもぐんぐん育っています。gatitaさんが帰国するときってこのピーニャは持って帰るのかしら? なんて考えてました。
saludos!

gatita/tairita/たいり さんのコメント...

Azulさん    
こんにちは! いやぁ、長い旅でした…。何事も経験ですねぇ。 ピーニャはぐんぐん育っています。そろそろ、瓶の方を換えないとバランス悪くなって来たなぁという感じですよ。 帰る時にこのピーニャは…、アンジに託して行こうかなぁ。