2005/10/19

病院考

ちょっとしたきっかけで2週間ほど前から婦人科に通ってるわけです。
えぇ、当然妊婦じゃないんですけどね。
市販薬買うくらいなら、保険料払ってるんだから病院行っとこうというわけですの。
日本の婦人科っていうのも興味あったしねー。
まあ、そうしたら、子宮筋腫っぽいのあるかもって言われて、
せっかくなんでがん検診とか、いろいろやったわけです。
その結果を聞きに今日は婦人科へ。検査結果は無問題。ふぅ。
帝王切開の傷跡見て、「え?これどこで切ったの??」って言われたんだけど
やっぱ違うのかなぁ。

でですよ、日本の婦人科。
問診時間短いねぇ。あと、お医者さんが顔見て話してくれないし。
それは病院や医者にもよるんだろうけどさ。
あと、あの内診する時に閉じる、腹の上のカーテン。
怖いんですけど。
カチャカチャ音するしさぁ、看護士もカーテンのむこうに何人かいるみたいだし…。
それらが一切見えないのって、かなり不安っすよ。
いや、すごいとこ人様の前でおっぴらいて、恥ずかしい気も確かにあるんだけどね
婦人科なんだから、そこらへんの肚はキメて来てるわけですよ。
だから、個人的にあのカーテンはいらないっす。
ちなみに、チリで通った婦人科の病院では、
カーテンは無し。(もちろん、きれいな個室だよ)
看護婦さん、いつも同じ人が一人。
器具を使って検査する時は、事前に器具を見せてくれて、検査を説明。
これもまあ、病院や医者によって微妙に違うんだろうけどさ。
結局、私がチリスタイルに慣れちゃったんだろうなぁ。
そんな『日本の婦人科体験』も、今日で終了。
良い経験になりました。

帰ってきて、坊主の離乳食の準備。
固めのおかゆを土鍋で炊く。
一人前用の小さい土鍋に7分目くらいまで炊いてるんだけど、
ほぼ一日で食べきるんだよなぁ。食べ過ぎかなぁ。
今日のおかずは、先週お刺身用の鯛のさくを一本冷凍してたので、
それを3分の1使って、鯛と白菜、人参、ネギの煮物。
最後に片栗粉でとろみをつけると、坊主はよく食べる。
鯛は高級魚ってイメージがあるわりには、そんなに旨いと思った事がないのだけど、
今日の坊主の煮物を味見してみて、衝撃。
めちゃんこうまいぞい。
味付けも、塩と醤油をホントーにちょびっとだけなんだけど、
鯛の出汁がめちゃんこうまい。
あぁ、鯛飯作りたいなぁ。。。
でもやっぱり台所はお母様の城なので微妙に使いにくかったりするわけで、
なんかこう、アレなわけですよ。はい。


お菓子作りとか、ご飯作りとか、めいっぱいしたいなぁ。

6 件のコメント:

Azul さんのコメント...

Hola!
Me gusta la forma en que te expresas jeje.
私は日本の産婦人科しかしらないのですが、いつも怖いです。でも考えてみるとカーテンあると何されてるかチェックできないですね。
Espero que muy pronto puedas cocinar todo lo que quieras (^^)
Saludos!

gatita さんのコメント...

Hola! Azul-san!! Gracias por tu comentalio. やっぱり怖いですよねぇ。今度、チャンスがあったら、カーテン開けてくださいって言ってみようかな。

思い出したのですが、チリにいる時、いつも家の近くの公園に坊主を連れて散歩に行ってたのですが、そこで知り合ったウルグアイ人夫妻の赤ちゃんの名前が、Azulでした。二人がとっても好きな色だったので、赤ちゃんに付けちゃったそうです。割と珍しいですよね。とっても可愛い女の子でしたよ!

ちゃんぷる michiko さんのコメント...

『お城』感覚、よくわかる!!!!!
おいら、自宅で仕事だからさ、朝昼晩と台所に立つわけだけど、今だに、毎回、「チッ!」と思うよー。
あれは、ホント、一人のお城だよね。

沖縄に移ったら(いつになるやら・・・)
鍋の配置や菜箸1本に至るまで、自分の好み
で固めてやるっ!と、そればかりを夢見てます。

女30過ぎと、婦人科系も心配だやね?。
私も筋腫っぽいのがあるから、また検査に来てねて言われたさ。

坊主君の怒涛の予防接種、がんばってね。

そうそう、沖縄のスマ、11月10日女の子出産したよ☆ めでたや?。

gatita さんのコメント...

うん。ホントに台所は『城』だと思うね。
その気持ちが分かるから、下手に片付けるのも悪いし、いろいろ買ってくるのも気が引ける。けど、坊主のごはん作らないといけないしさ。時々、みんなのごはんも作ってーって言われちゃうし…。まあ、いろいろだな。

スマからメール来たよ!
2児の母って、やっぱりすごいよ。

Azul さんのコメント...

Hola de nuevo!
Azulという名前の人はいるんですね(^^)。メキシコだったかしら格闘家の人がAzulという名前で、tu nombre en japonesで書いてほしいと言ってきたので、主人は青、紺という漢字も書いてあげてました。
どこかのサイトでは、Azul(私のこと)を男性と紹介していました、jejeje 面白いですね♪
Feliz fin de semana!

gatita さんのコメント...

Hola! Azul-san!
そうか、男の人の名前だと思われがちなんですねぇ。
azulさんの10月20日の記事(supercion japonesa)すごくいいですね。
毎度の事ですが、「あぁ、こういう風に表現したらいいんだ」って、とーっても勉強になります。