2007/12/21

未確認飛行物体


<何にも飛んでいませんから>

UFOについての政府の見解と個人の見解がいろいろ出ていますね。
大変興味深いのですが、一番ピピッと来たのは石破防衛相の記事で、

「いろいろな攻撃を仕掛けるのなら防衛出動だが、
『地球の皆さん仲良くしよう』と言えば急迫不正の武力攻撃ではない」

というもの。

議員さんや政治家の中には「何を言っているんだ」という意見もあるそうだけど
いやいやこれは結構重要な準備なのではないかと思うんですよ。
UFOは、よく分かんない飛来物なわけですから
必ずしも宇宙人だとか宇宙からの飛行船とは限らないじゃないですか。
レーダーにも捕まりにくい、肉眼でしか確認出来ない何かが
予告無しに、ぶわーーーっと来たら、そりゃあ恐いですよ。

去年、フラミンゴと思われる鳥の集団が飛んでいるのを
初めて見たわけですが、そりゃもう不気味でした。
生物的に危機を感じましたね、あれは。
まあ、ただの渡り鳥だったわけですけど。

万が一、万が一ですよ、
気候の変化で、今までに飛来しなかった種類の大型の鳥が
日本に集団で渡って来たとしたら、
地上から最初に見た人にとってはUFOなわけで、
しかも集団なんですよ。
そういう時に、通報する所があって、調査する所があって
公式に発表するというルートが出来ていれば、
国民がパニックになる事もないわけですね。
極例で一例だけど。
あるいは、近隣国からの風船爆弾だったら?
操舵不能になった気球だったら??
訓練された戦闘伝書鳩だったら???

石破防衛相は、『地球の皆さん…』と表現されている事から
UFO=宇宙からの物体、とここではおっしゃっているようですが、
それもまた極例だと思うのです。
でも、それを想定して対応手順を考えておけば
UFOが地球の物質であったとしても対応可能だと思うんです。
そういう事も含めて、ゴジラやモスラにまで想像力を働かせて
未確認物体による攻撃(もしくは交流)を想定して
対応を考えているのはとってもいいんじゃないかと思うわけです。

と、思わず時事ネタ風になってしまった今日の記事であります。
 
 

2 件のコメント:

ラウタ郎 さんのコメント...

石破さんは凄くわくわくしてるだけだと思います。ほっぺた赤くして。
多分脳内で「アダムスキー型には空自のF-16で」とか「円盤型は陸自のPAC3だな」とか創造してわくわくが止まらないんですよ。
UFOとかより、街中に紛れ込んだテロリストとかの方が性質わるいだろうなー。分りにくいし。

gatita/tairita/たいり さんのコメント...

ラウタ郎さん       
確かに。石破さんだけ脳内訓練してもしょうがないですしねぇ。 日本の町中には外国のテロリストがウヨウヨいる発言もそういえばあったし…。 それはさておき、うちの旦那と石破氏って顔が同類項だと思うんです。どうでしょう。